HOME コントロールと速球を身につけるピッチングDVD

川口和久の右脳的ピッチング術
川口和久の右脳的ピッチング術
川口和久の右脳的ピッチング術
川口和久の右脳的ピッチング術


川口和久の
右脳的ピッチング術




また後でも
ゆっくり読んでください


メールアドレスをご登録いただくと、
(パソコンメールアドレス推奨)
詳細ページURLをメールで、
ご自宅のパソコンへお届けします



費用はいっさいかかりません
解除は、いつでもできます
(お届けするメールに解除アドレス)
メールアドレスは厳重に管理します
メールをお届けすることもあります


抜群のコントロールと速球を身につける  【少年野球ピッチング】

コントロールと速球を身につけるピッチングDVD

ノーコンが悩みだった少年でさえ、
抜群のコントロール速球
身に付けさせてしまう



 お子様にまだ筋肉が備わっていなくても・・・
 指導がうまくいかない方も・・・


 もう心配いりません

 このピッチング上達法があれば、あなたのお子様の
 「投球フォーム」、「コントロール」、「投球速度」を
 身体に無理な負担をかけずに、今よりも良くする事が可能です

 多くの少年ピッチャーが治さなければならないポイントは、たったの4つ

 この4つに気を付けて、やさしく指導すれば、
 あなたのお子様のピッチングは必ず変わります

   川口和久の右脳的ピッチング術

コントロールと速球を身につけるピッチングDVD

ワインドアップ後の間違い  【少年野球ピッチング】

コントロールと速球を身につけるピッチングDVD

ワインドアップ後の間違い


 お子様にまだ筋肉が備わっていなくても・・・
 指導がうまくいかない方も・・・


 多くの少年が、
 ワインドアップ後の動きで、ある間違いをしています

 その間違いとは、ワインドアップから、テイクバックに移るまでの、
 片足を上げ、身体をねじる動作です

 実は、多くの少年がこの動きをする時に、
 上体をねじりを利用して投げようと過ぎている傾向があるのです


 確かにプロは、上体を目いっぱいねじり、
 その反動と体重移動を活かして
 ボールに威力を持たせている選手もいます

 しかし、このようなプロの動きを少年がマネしてしまうと、
 悪い影響が出ます

 具体的に言えば、コントロールが悪くなってしまうのです


 足腰の弱い少年が、片足一本で上半身をねじると
 投球の軸となる頭から足先までがグラグラしてしまいます


 結果、フォームが崩れ、球は真っすぐ飛ばず、
 体にたまった力で投げる事は出来ません


 だからこそ少年の場合は、

 ワインドアップから、テイクバックに移るまでの動きに関して、
 片足を上げ過ぎず、体をねじり過ぎないよう、注意する必要があります

   川口和久の右脳的ピッチング術

コントロールと速球を身につけるピッチングDVD

あとでゆっくり読みたいという方へ

コントロールと速球を身につけるピッチングDVD

メールアドレスをご登録いただくと、(パソコンメールアドレス推奨)
「川口和久の右脳的ピッチング術」の詳細ページURLを
メールで、ご自宅のパソコンへお届けします。


           

・もちろん、費用はいっさいかかりません。
・解除は、いつでもできます。(お届けするメールの最後に解除アドレスを記載しています)
・メールアドレスは、外部への流出や不正使用などがないよう厳重に管理します。
・メールマガジン等を送らせていただくことがあります。

コントロールと速球を身につけるピッチングDVD